社協とは地域福祉を推進する民間団体
東海村社会福祉協議会は、東海村で生活をする住民の福祉ニーズを拾い上げ、問題解決につながる活動を行う民間団体として昭和31年に設立されました。
『かけがえのない一人ひとりの想いと行動を紡ぐまちづくり』を基本理念とし、職員一丸となって地域福祉の向上を目指しています。
概要・組織図
組織図


概 要

名 称 社会福祉法人 東海村社会福祉協議会
設 立 昭和31年12月7日
法人認可 昭和49年3月19日
役 員 理事 16名・監事 2名・評議員 45名


【所在地】 〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005番地総合福祉センター「絆」内
部署名 TEL FAX
社会福祉協議会事務局
(総務管理係・地域福祉推進係)
029-282-2804(代表) 029-283-4535
東海村ボランティア市民活動センター「えがお」/有償サービス事業 029-283-4538
生活支援ネットワーク係 029-283-0205
居宅介護サービスセンター 029-283-3410
高齢者センター 029-282-4300
障害者センター 生活介護・自立訓練 029-282-4599 029-282-4658
児童発達支援 029-282-3009 029-282-4658
児童センター 029-306-1017  

【所在地】 〒319-1112 茨城県那珂郡東海村豊白1-26-36
部署名 TEL FAX
東海村デマンドタクシー(あいのりくん)情報センター 029-306-2828  
原則と機能
社協活動の5つの原則と機能
社会福祉協議会は、以下の活動原則に基づき、地域のみなさんと協力し、活動を展開しています。
1 住民ニーズの基本の原則
調査などにより、地域住民の要望、福祉課題等の把握に努め、住民ニーズに基づく活動をすすめます。
2 住民活動主体の原則
住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として、活動をすすめます。
3 民間性の原則
民間組織らしく、開拓性・即応性・柔軟性を生かした活動をすすめます。
4 公私協働の原則
社会福祉・保健・医療・教育の行政機関や民間団体等との連携を図り、行政と民間組織との協働による活動をすすめます。
5 専門性の原則
住民の福祉活動の組織化、ニーズ把握調査、地域福祉活動の計画づくりなど、福祉の専門性を括かし活動をすすめます。
社協の機能
社会福祉協議会は、次の機能を発揮し、さまざまな福祉課題解決をしていきます。
1 福祉二一ズや課題を把握し、住民の福祉活動を推進する機能
   
2 社会福祉関係者や他の分野の団体と連携を図る機能
   
3 福祉活動や事業を企画し実施する機能
   
4 調査研究と開発の機能
   
5 計画策定と提言の機能
   
6 広報活動の機能
   
7 福祉活動支援の機能
地域福祉活動計画
第3次東海村地域福祉活動計画
「地域福祉活動計画」とは
地域福祉活動計画は、地域におけるさまざまな福祉課題について、地域住民や当事者をはじめ、地域活動に参加するさまざまな団体と社会福祉協議会※(以下、社協)が手をつなぎ、共に考え、解決に向かって歩んでいく時、地域福祉推進の‘道しるべ’ともなるべき計画です。
社協だけが一つひとつの事業を実施していても、豊かな効果は見込めません。大切なのは、地域での暮らしの主役は、あくまでそこで実際に生活をしている住民であり、その住民とともに明日の、そして未来の地域の福祉を展望していくということです。つまり、社協の役割は、「住民主体」の原則に基づき、住民と共に考え、汗を流しながら、時に後ろから支え、時にともに行動し、福祉課題解決のお手伝いをしていくところにあります。
また、一口に地域福祉を推進すると言っても、そのためにやるべきことは、日々変わる社会情勢への対応をはじめ、地域との連携やボランティアの養成、当事者団体の支援、居宅介護サービスの充実、福祉センター機能の活用に至るまで、実にさまざまです。地域福祉活動計画は、これら多岐に亘る事業を体系化し、整理することで、それぞれの事業がどの目的に向かって動いているのか、あるいは、全体の事業のどの部分に位置付けられるのかを把握するためのものでもあります。
地域の主役である住民や、地域の各種専門機関や団体を交えて共に作りあげる手づくりの行動計画(アクションプラン)。それが地域福祉活動計画です。
内容を見てみる (PDF)
・目次
・基本理念
・第3次東海村地域福祉活動計画体系図
発展強化計画
第2次東海村社会福祉協議会発展・強化計画
「第2次東海村社会福祉協議会発展・強化計画」とは
村社協では、平成20年度から24年度の5カ年を期間として、第1次東海村社会福祉協議会発展・強化計画(以下、第1次発展・強化計画)を策定しました。その計画は、組織・事業・財務に関する中期的な展望をもった具体的な取り組みをまとめ、地域福祉の中核として信頼される組織となるよう、村社協の運営体制を強化するために策定されたものです。
しかし、計画は策定されたものの、その進行管理や見直しは第2次計画と同様になされ、組織や財務に関して十分に検討や改革がなされたとは言えない状況にあります。また、事業に関しては第2次計画に策定された実施計画のうち、特に力を注ぐべき事業に対して、組織としてどうアプローチしマネジメントしていくかについては明記されておらず、未だ組織の運営体制強化には課題が残っています。
そこで、現状の課題を再度洗い出しながら村社協の理念を示し、職員や住民に向けて発信することで、村社協の存在意義をアピールする必要があります。また、目標や戦略を明確にすることで、この先5カ年の東海村における村社協の果たすべき役割や立場を職員一人ひとりが認識して意識的に事業や業務に取り組み、組織力を高めていくため、本計画を策定するものです。
さらに、東海村の福祉の中核を担う組織として、第3次東海村地域福祉活動計画の実現を底支えする役割も同時に兼ね備えています。
内容を見てみる (PDF)
・目次
・第2次東海村社会福祉協議会発展・強化計画体系図
・運営理念
・経営理念
・『東海村社会福祉協議会職員行動指針』
社協だより
「社協だより とうかい」バックナンバー

「社協だより とうかい」のバックナンバーをご覧いただけます。(データはすべてPDFです)
平成28年度
第83号
(H29.5.15発行)
第84号
(H29.8.15発行)
   


平成28年度 第82号 第81号 第80号 第79号
平成27年度 第78号 第77号 第76号 第75号
平成26年度 第74号 第73号 第72号 第71号 第70号 第69号
平成25年度 第68号(P1〜P5〜 第67号(P1〜P5〜 第66号(P1〜P5〜
第65号(P1〜P5〜 第64号(P1〜P5〜 第63号(P1〜P5〜
[社会福祉法人 東海村社会福祉協議会] 〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005番地 東海村総合福祉センター「絆」内  TEL:029-282-2804(代) FAX:029-283-4535
| プライバシーポリシー |

アクセス
様式ダウンロード
よくある質問
リンク
社協診断
小規模多機能
ケア拠点“であい”

社協会員
<社協について>
概要・組織図
原則と機能
地域福祉計画
発展強化計画
社協だより
会計報告
<生活や福祉の相談をしたい>
生活相談
弁護士相談
行政書士相談
子育て
介護
障がい者
権利擁護
家計・金銭

<社協の福祉サービスを利用したい>
子育てに関するサービス
障がい者に関するサービス
高齢者に関するサービス
移動に関するサービス
福祉機材・福祉車両貸出サービス
金銭に関するサービス
地域交流サービス
介護保険サービス
日常生活自立支援と
    成年後見制度

日常生活自立支援事業
成年後見制度
<ボランティア活動情報>
助成金情報 / 登録
ボランティアサークルを探す
ボランティア募集情報
有償サービスについて
すくすく / はーとふる
はーとろーど
<地域で活動したい・
地域活動を知りたい>

石神地区社協
村松地区社協
白方地区社協
真崎地区社協
中丸地区社協
舟石川・船場地区社協