▲TOP
ボランティアのコーディネートは社協におまかせ
社協では、ボランティア活動をしたい人・ボランティアを必要としている人の間を繋ぐ役割を担っています。ここでは、助成情報やボランティアサークルなどの情報を掲載しています。

※観光ボランティアガイドのお申込みは、平成28年4月18日(月)より事務局が下記のとおりに変更となりました。
【東海村観光協会】担当:砂川 電話:029-287-0855 FAX:029-283-5001
助成金新着情報
子ども 高齢 障害 環境 災害 国際交流 その他
キーワード
公的制度やサービスでは対応できない分野において、社会課題の解決のための新たな活動やしくみを構築し、誰もが支え・支えられる地域づくりを目指すもの。
対象団体
社会福祉・地域福祉の推進に寄与する団体で、法人格の有無は問わない。
※営利目的の団体は対象外とする。なお、応募時点で団体が設立されており、助成対象事業の実施体制が整っていることが必要。
助成対象事業
次の1~3の事業・活動に対して助成する。
1. 支援事業・活動
2. 活動の基盤づくり、ネットワークづくり
3. 調査・研究事業
上記1~3に該当する事業・活動について、次の部門を設けて募集を行う。
1. 子ども家庭支援部門
2. 高齢者支援部門
3. 障がい児・者支援部門
4. 災害関連部門
5. 地域福祉部門
助成金額
年間助成上限額1,000万円
申し込み方法
中央共同募金会ホームページの「赤い羽根福祉基金」ページで公開している「応募要項」を確認のうえ応募ください。
締め切り
2018年1月24日(水)必着
連絡先
社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部(赤い羽根福祉基金担当)
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階
電話:03-3581-3846 FAX:03-3581-5755
ホームページ http://www.akaihane.or.jp/hukushikikin/
子ども 高齢 障害 環境 災害 国際交流 その他
キーワード
障がい者がアートの力で自分を自由に表現する活動に対して、1団体あたり上限50万円の助成
助成対象団体
NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体、社会福祉法人などの非営利団体
助成対象
・障がいのある人が参加・活動するアート活動
(アトリエ活動、ワークショップ、制作活動等)
・障がいのある人たちのアート活動を支援する活動
(講座の実施、講師の派遣、ネットワーク等)
・障がいのある人たちのアートを普及するための活動(イベント、出版、展覧会等)
・障がいのある人たちのアート活動の発表の機会づくり(コンサート、舞台等)
※アート活動には、美術活動、音楽活動、舞台芸術活動などを含む
助成金額
助成件数:6~10団体
一団体あたり上限50万円
※助成金は、アート活動の場の運営資金、活動資金、コンサートや舞台などの開催費用、講師謝金、スタッフ人件費など、申請事業を行うための支出を支援するものとする
応募方法
申請用紙は、電子メールで以下まで送付。
添付書類は、電子メールあるいは郵送で以下まで送付。(郵送の場合は、1月11日消印有効)
※応募用紙はホームページからダウンロードできます。
締め切り
2018年1月11日(木)必着
連絡先
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202
公益財団法人パブリックリソース財団
「Heart&Arts(ハート&アーツ) プログラム」 担当:新井宛
電話:03-5540-6256 Fax:03-5540-1030 E-mail:heart@public.or.jp
ホームページ http://www.public.or.jp/PRF/news/dt_124.html
子ども 高齢 障害 環境 災害 国際交流 その他
キーワード
難病や障がいをもつ子ども達とその家族に対して社会医学的な実践、セルフヘルプ活動、又はボランティア活動。
助成対象
難病や障がいのある子どもおよびその家族を支援する団体等を対象とする。
奨励金の
対象範囲
・団体活動の運営に関する費用
・会の主催する講演会・研修会・イベントの開催費用
・その他難病や障がいをもつ子どもとその家族の支援に関する活動費用
助成金額
1件50万円を上限(総額200万円)
応募方法
所定の応募用紙に必要事項を記入し,下記あてにメールまたはFAXで送信してください。
•応募先メールアドレス:info@teamcg.or.jp
•応募先FAX:045-263-6966
締め切り
2018年1月12日(金)必着
連絡先
特定非営利活動法人 コーポレートガバナンス協会 北川賞事務局:髙橋
〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3丁目30番地 スギヤマビル3階 堤税理士事務所内
電 話(代表):045-263-6965 FAX:045-263-6966
E-MAIL: info@teamcg.or.jp
ホームページ http://www.teamcg.or.jp/
子ども 高齢 障害 環境 災害 国際交流 その他
キーワード
地域における助け合に活動の団体立ち上げ、 特に地縁組織での新しい助け合い活動等の立ち上げや共生による子育て等を支援するための助成。
対象団体
ふれあい・助け合い活動団体/グル―プに限定
助け合い活動を主たる目的とする任意団体、 NPO法人、グル―プ、サークルなど。
※社会福祉協議会ほか中間支援団体への直接の助成,有限会社・株式会社のほか・単独の個人活動等も対象外。
活動と内容
新たに始める、 地域における「ふれあい・助け合い活動」
高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動等。
※既存活動の継続は対象外。
助成金額
上限15万円まで(19団体を目途に助成)
応募方法
1.申込書(添付書式、あるいは同書式内容が全て記されたものに限る)
2.団体(グループ)の事業全体についての予算書・決算書
3.活動報告書(会報など活動内容が具体的に示された紹介資料)
4.設立趣意書申込書(さわやか福祉財団のホームページから、ダウンロード)
※書類の受付は郵送に限ります。
締め切り
2018年1月31日(水)必着
連絡先
★申込書送付先:公益財団法人さわやか福祉財団
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階
★問い合わせ先:公益財団法人さわやか福祉財団
(立ち上げ支援プロジェクト)TEL:03-5470-7751
ホームページ https://www.sawayakazaidan.or.jp/
登 録
市民活動団体に登録
ボランティア市民活動センターに市民活動団体として登録してもらうと以下のメリットがあります。
ボランティア活動時の万が一の事故に対し、村のふれあい保険が適用になります。
ボランティア市民活動センター設備の利用が可能になります。
1.活動室の予約利用が可能(夜間・土・日も利用可能。事前申し込み要。)
2.市民活動に関係する書類であればコピー・印刷機の減免利用が可能
助成情報や他のサークルとの交流など、活動に役立つ情報が手に入ります。
登録団体は村社協や県社協からの助成が受けられる場合があります。助成を受けるためには審査がありますので、詳細はボランティア市民活動センターまでお問い合わせください。

活動室1 活動室2
登録方法
個人の場合
下記ファイルの登録申請書にご記入の上、ボランティア市民活動センターまで直接お持ちください。
→ダウンロード(doc)
→ダウンロード(PDF)
団体の場合
下記ファイルの登録申請書にご記入の上、会則及び会員名簿と併せてボランティア市民活動センターまで直接お持ちください。
→ダウンロード(doc)
→ダウンロード(PDF)
社会福祉法人 東海村社会福祉協議会
〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005番地 東海村総合福祉センター「絆」内  TEL:029-282-2804(代) FAX:029-283-4535
プライバシーポリシー リンク