ボランティアのコーディネートは社協におまかせ
社協では、ボランティア活動をしたい人・ボランティアを必要としている人の間を繋ぐ役割を担っています。
ここでは、助成情報やボランティアサークルなどの情報を掲載しています。
※観光ボランティアガイドのお申込みは、平成28年4月18日(月)より事務局が下記のとおりに変更となりました。
 【東海村観光協会】 担当:砂川 電話:029-287-0855 FAX:029-283-5001
助成金新着情報
子ども 高  齢 障  害 環  境 災  害 国際交流 その他
キーワード
社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、わが国社会福祉の向上に寄与することを目的とし、社会福祉に関する事業に対して助成を行う。
助成対象
原則として法人・団体であること。 ※個人および営利法人等は対象外とします。
助成対象案件並び選考基準
@障がい者の福祉向上案件、および難病案件、虐待防止案件を対象とする。
A明確な企画(目的、内容、資金使途等)に基づく事業で具体的な計画を持つこと。
B推進体制が確立しており、自己資金の調達の努力をしていること。
C先駆的、開拓的事業を優先する。
※助成対象にならないもの
・過去3年間に松翁会から助成を受けた法人・団体からの申請
・研究助成
・法人・団体の管理運営維持に関する経費(日常業務にかかる人件費、家賃などの経常資金、定例化したセミナーなどの開催費用等)
助成金額
年間総額700万円以内とし、1件当り:原則として60万円を限度(応募最低額10万円、万円単位)
締め切り
平成29年7月31日(月)必着
連絡先
一般財団法人 松翁会
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワー地下1階
 一般財団法人松翁会 事務局 社会福祉事業部 助成係  
 TEL : 03-3201-3225
 
子ども 高  齢 障  害 環  境 災  害 国際交流 その他
キーワード
福祉及び文化の向上に資することを目的に、主として障害児・障害者、高齢者などを対象として「自動車購入費助成」を行う。
助成対象
(東日本地区に所属する)特定非営利活動法人
主として障害者の福祉活動を行う団体
※ただし、加齢に伴う障害者(高齢者)の福祉活動団体は除く。
選考基準
※以下のポイントなどを総合的に判断
・比較的小規模な団体
・団体の活動対象となる障害者の人数
・法人が保有する自動車台数が、目安として5台以下
・自動車の保有が、活動・サービスの充実にどのようにつながるか
・団体の活動実績
・将来の展望を持ち、先駆的な活動を行っている団体
・地域における既存の組織や仕組みと連携した事業を行っている団
助成金額
自動車購入費 1件100万円まで(総額1,000万円)
申し込み方法
損保ジャパン日本興亜福祉財団ホームページの申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信
締め切り
2017年7月14日(金)17時
連絡先
公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団
 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1−26−1
 TEL03-3349-9570/FAX03-5322-5257
 http://www.sjnkwf.org/
 
子ども 高  齢 障  害 環  境 災  害 国際交流 その他
助成目的
高齢者と障害を持つ人たちに対する、社会福祉のボランティア活動を積極的に支援推進し、こころ豊かな社会づくりの実現に寄与することを目的とする。
助成対象事業
・高齢者・心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な器材の整備事業に対し、購入費用を助成する。
・整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗品、汎用事務機器、自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品整備事業については助成の対象としない。
・収益事業は助成の対象としない。
・助成を受けた後2年間は、助成の対象としない。
対象団体
ボランティア活動に実績があり、活動基盤が整備されているボランティア活動団体であり、財政的理由等により助成を必要としていること。
助成対象経費
助成の対象とする経費は、法人の運営に必要な人件費等の経常経費、PR事業、調査研究事業、イベント等の経費を除く、当該事業に直接必要と認められる器材整備の経費とし、その額は5万円を超えるものとする。
助成率・
限度額
助成率 9/10以内、助成限度額 90万円とする。
締め切り
平成29年7月14日(金)
問い合わせ・提出先
社会福祉法人茨城県共同募金会 担当:木村
 TEL029−241−1037  FAX029−244−1993
 E-mail:kimura @akaihane-ibaraki.jp
 
登 録
市民活動団体に登録
ボランティア市民活動センターに市民活動団体として登録してもらうと以下のメリットがあります。
ボランティア活動時の万が一の事故に対し、村のふれあい保険が適用になります。
ボランティア市民活動センター設備の利用が可能になります。
1 活動室の予約利用が可能(夜間・土・日も利用可能。事前申し込み要。)
2 市民活動に関係する書類であればコピー・印刷機の減免利用が可能
助成情報や他のサークルとの交流など、活動に役立つ情報が手に入ります。
登録団体は村社協や県社協からの助成が受けられる場合があります。助成を受けるためには審査がありますので、詳細はボランティア市民活動センターまでお問い合わせください。
活動室1 活動室2

登録方法

個人の場合
下記ファイルの登録申請書にご記入の上、ボランティア市民活動センターまで直接お持ちください。
→ダウンロード(doc) →ダウンロード(PDF)
団体の場合
下記ファイルの登録申請書にご記入の上、会則及び会員名簿と併せてボランティア市民活動センターまで直接お持ちください。
→ダウンロード(doc) →ダウンロード(PDF)
[社会福祉法人 東海村社会福祉協議会] 〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005番地 東海村総合福祉センター「絆」内  TEL:029-282-2804(代) FAX:029-283-4535
| プライバシーポリシー |

アクセス
様式ダウンロード
よくある質問
リンク
社協診断
小規模多機能
ケア拠点“であい”

社協会員
<社協について>
概要・組織図
原則と機能
地域福祉計画
発展強化計画
社協だより
会計報告
<生活や福祉の相談をしたい>
生活相談
弁護士相談
行政書士相談
子育て
介護
障がい者
権利擁護
家計・金銭

<社協の福祉サービスを利用したい>
子育てに関するサービス
障がい者に関するサービス
高齢者に関するサービス
移動に関するサービス
福祉機材・福祉車両貸出サービス
金銭に関するサービス
地域交流サービス
介護保険サービス
日常生活自立支援と
    成年後見制度

日常生活自立支援事業
成年後見制度
<ボランティア活動情報>
助成金情報 / 登録
ボランティアサークルを探す
ボランティア募集情報
有償サービスについて
すくすく / はーとふる
はーとろーど
<地域で活動したい・
地域活動を知りたい>

石神地区社協
村松地区社協
白方地区社協
真崎地区社協
中丸地区社協
舟石川・船場地区社協