▲TOP
社協会員制度

社協会員・社協会費とは?
東海村社会福祉協議会(村社協)の基本理念「かけがえのない一人ひとりの想いと行動を紡ぐまちづくり」に基づく地域に根差した地域福祉活動に賛同し、ボランティア等への直接的な参加協力が難しくても、会員として会費を支払うことで、村社協の活動を財政的に支えるサポーターとして協力いただくものです。
加入する方法
村社協窓口(総合福祉センター「絆」内)にて、通年で納入(加入)を受け付けています(午前8時半~午後5時15分)。窓口で会費をお預かりし、その場で今年度の会員加入手続きが完了します。
自治会・直送組合に加入されている方については、各地区の自治会長様・班長様のご協力により、班を通して納入いただいています。
会員の種類
普通会員 1口300円以上 (村内在住の世帯のみ)
特別会員 1口1,000円以上(村内・村外在住の世帯)
法人会員 1口5,000円 以上(村内外の法人・団体・施設など)
〇来所が難しい場合は、ご自宅にお伺いすることもできますので、下記までお問い合せください。
〇村外在住の方などで、振込支払いをご希望の方は、振込用紙(ゆうちょ銀行)を郵送することもできますので、下記までお問合せください。
ご協力いただいた会費は、このような地域福祉活動に活用しています

地域生活支援システムの
維持管理

生活課題を持つ住民の情報を集約し、データベース化したものです。
職員間の情報共有が容易となり、関係機関とともに、すばやい多面的な支援が可能となります。

地区社会福祉協議会
協働事業

村内6小学校区に組織されている地区社会福祉協議会では、住民が住み慣れた地域でいつまでも安心してその方らしい生活ができるよう、住民相互の助け合い活動を行っています。それぞれの地域性を生かしながら、住民の生活課題などをテーマに座談会などで協議して活動に繋げるほか、食事会やひとり暮らしの方への訪問、世代間交流など多様な活動に取り組んでいます。

ふれあい・いきいき
サロン事業

集会所やコミュニティセンターなどを会場に、住民同士が月1回程度定期的に集まり、“楽しく・気軽に”仲間づくりをする活動を行っています。年1回サロン同士の情報交換の場「サロン交流会」も開催しています。

会員向けサービス
社協会員は、下記のような福祉機材の貸し出しサービスを無料でご利用できます。地域のイベントなどにぜひご利用ください!
※要予約・3ヶ月前から受付


イベント機材(綿菓子機・かき氷機・ポップコーン機など)
レクリエーション機材


福祉車両(リフト車・スロープ付小型車)
車いす(自走用・介助用)

社会福祉法人 東海村社会福祉協議会
〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005番地 東海村総合福祉センター「絆」内  TEL:029-282-2804(代) FAX:029-283-4535
プライバシーポリシー リンク